マカの効果・効能

By | 2013年8月25日

マカとはペルー原産の植物ですが、昨今ではサプリメントによく使われています。標高4000m以上・低酸素・強烈な陽光・氷点下など育つために必要な条件が過酷なため、日本国内では栽培は不可能とされてきました。しかし研究が進むに従って国内でも栽培できるようになり、サプリメントとして多く流通しています。

マカの効果・効能は、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンと類似した働きを見せる成分を中心に発揮されます。そのため視床下部・脳下垂体を調節する調節する作用で、ホルモンバランスを正常化できるのが大きな特徴です。具体的には精力増強・疲労回復・生理不順・冷え性などの改善が期待できます。

マカにはエストロゲンだけでなく、ビタミンB群・ビタミンC・カルシウムが多く含まれています。これらはストレスの解消から、ストレスに強い体づくりに欠かせない成分です。現代人はストレスを溜め易い体質で非常に耐性が弱くなっていますが、マカは解消するだけでなく耐性を高める作用までも得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です